トップ

歯科の開業の資金について

歯科の開業の資金

歯科医院を開業する際必要な資金

歯科医院の内外装・医療機器などの設備にかかる設備投資資金と開業後の経営が軌道に乗るまでの運転資金が必要です。テナント開業で、ユニットを3台必要とした場合テナントの敷金・礼金や家賃、仲介手数料などが約500万円で医院の内外装にかかる費用が約1500万円、医療器にかかる費用が約1200万円、ホームページ等の広告費・事務機器等の費用が約300万円で合計約3500万円ほどかかります。しかしこれは目安となり、歯科医院のテナントの場所や内外装にかかる費用で変動はあります。また、運転費用で約1000万円は必要です。というのも、保険診療の収入は診療を行った月の2か月後に国から支払われるため、最初の2か月は保険診療の収入と自費診療の治療費のみとなります。

歯科,看板

開業資金を少なくすませる方法

歯科で開業しようとすれば、資金としては何千万円単位で必要になります。ただし、いろいろ工夫すれば準備するお金は少なくすませることができます。設備の大半を新品ではなく、出来る限り中古で用意すれば費用を抑えることができますし、宣伝をするにしても今ならばホームページなどを自分で作れば実質無料でできます。歯科をやるにしても、できることを自分でやれば開業に必要な資金を少なくすることは可能です。いきなりたくさんのお客様がご来院されることは、よほどのことでもない限り難しいものです。ある程度、営業もしなければいけませんので費用を可能な限り抑えることが必要です。

↑PAGE TOP