トップ / 歯の治療方法の知識について

歯の治療方法の知識について

歯の治療方法の知識

歯科の被せ物の意味と役割

歯科の被せ物とは、歯の治療時に削った歯に被せる人口の構造物のことです。虫歯の状況が酷くて、歯の詰め物で対処するのが難しい場合などに行われる治療法です。歯の周辺に被せるその形状から、クラウンといわれています。クラウンは、金属やプラスチックやセラミックなどの材質で構成されていて、歯の全体を覆う全部被覆冠と一部のみを覆う一部被覆冠という方法があります。どの素材や方法を適用するかは、歯科治療の状況により判断されます。クラウンを使用した治療方法にかかる費用は、治療の方法や使用する材質などによって異なり保険も適用範囲が異なるので、どのような治療を行うかは事前に確認する必要があります。

歯科,看板

歯の治療をスピーディーに

普通、歯科医院にかかって歯の治療で被せ物をすると、歯そのものの悪いところを削って、型をとって、それが歯科技工所で作られてという手順で行われます。そのため、歯の悪いところを削ってから1週間後にならないと型を取ったものができず、早く終わらせたい治療がなかなか進まないという経験をお持ちの方も多いと思います。今CAD/CAM(ギャドカム)というシステムによって、すぐに被せ物ができる時代になりました。イメージ的には3Dプリンタで修復物を作るといったものです。これにより歯の治療は昔よりスピーディーになりました。

↑PAGE TOP