トップ / 託児室のある歯医者とは

託児室のある歯医者とは

歯医者で使える保険

歯医者で健康保険が利く治療

歯医者では健康保険が使える治療と使えない治療があります。健康保険が使える治療は、充てん、鋳造歯冠修復、前装冠、ジャケット冠、ブリッチ、有床義歯、などの方法があります。健康保険適用する治療は、健康保険で認められた材料を健康保険で認められた技術で治療した場合は、一部自己負担で受けることができます。差額自己負担は、前歯ならびに総義歯の床部分にみとめられたもの以外の材料を使うことができます。その際、認められたものと、その材料との差額を自己負担で治療します。治療前に歯医者でよく相談しましょう。

歯科,看板

子供の歯並びが悪いときは歯科へ

歯並びは生まれつきのものなので、子供の口の中を見たときに、このまま大人になったら可哀想だと思い、心を痛めている保護者の方もあるかも知れませんね。歯並びは大人になってもずっと変わらないままなので、子供の歯並びが悪いときは歯科クリニックへ行って、矯正治療を受けさせることをおすすめします。子供は嫌がるでしょうが、早い段階で済ませておけば、大人になってから辛い思いをしなくてもよくなります。歯並びが悪いと虫歯にもなりやすく、笑顔にも自信がなくなってしまうので、それを防ぎたいなら、歯科クリニックに任せましょう。

↑PAGE TOP