トップ / 歯科での治療について

歯科での治療について

歯科に求めること

身体が大事なら歯医者に行こう

通常これぐらいならと、なかなか歯医者に行くのをためらう人も多いのではないかと思われます。ところがその考え方が危険です。何故かと言いますと、歯はそれ自体だけでなく、色々な臓器に直結しているからです。歯並びや歯槽膿漏と言った歯の病で、胃や肝臓、腎臓までもが患ってしまうということがあり得るのです。以外ですが、歯の治療をちゃんとしてもらったら、内臓も良くなったということが度々起こっています。普段何ともない時でも、定期的に歯医者に行って歯垢除去をしてもらうのも大事です。歯垢は歯周病や歯槽膿漏を引き起こす原因です。

歯科,看板

歯科医は予防に力を入れています

歯医者さんが好きな人はいませんが、子供だけではなく大人の男性でも苦手な人が多いです。歯科は少し前までは虫歯や抜歯など、歯に異常が起きてから行く人が多かったのですが、最近は治療だけでなく予防を目的として、歯磨き指導をしたり歯石の除去を行ったり、歯が生え始めた時から、歯の健康を考える習慣を身に付けることにも重点を置いています。現在は予防歯科が広く認知され、痛くなってから行くものではなく、定期的な検査やクリーニングなど、審美面からも歯に対する意識が高まりました。そのため虫歯の人や入れ歯の人が減っています。

↑PAGE TOP